menu

苦手なバイクを克服したい理由

本ブログで何度も書いていますが、私はバイク(自転車)が苦手です。
トライアスロンのレースに出ると、バイクは基本的に抜かれまくり状態です。
遅いし、腰やケツも痛くなるし、良いところなしなんですが、それでも速くなりたいんです。

 

苦手なものに正面から取り組む経験

ビジネスでは強みにフォーカスするのが定石です。
自分の強いところに集中して、苦手なところはそれを得意とする人にやってもらう。
それが組織の良さであり、人を活かす手段でもあります。

では世の中、常に苦手なものから逃げられるか?と言えば、そうとも言えません。
私のようなフリーランスは、事務仕事が苦手だからと言って、逃げるわけにはいきません。
苦手なりに、何とかやっているのが現実です。

社長が、苦手だからと言ってお金の管理から逃げていたら。
人付き合いが苦手だからと、人を避けていたら。
会社がつぶれますね。

苦手なりにも、ある程度はやらなければならないのです。
経営を支援する立場として、苦手なものの辛さは、経験しておきたいのです。

トライアスロンの場合、1種目が苦手だからと言って、
代わりに誰かがやってくれるわけではありません。
仮にやってくれても、それではトライアスロンの達成感がなくなってしまいます。

3種目で戦う競技なので、苦手なものを、戦えるレベルまで克服したいのです。

 

バイクが速いとカッコイイから

私はスイムがやや得意なので、スイム終了後は平均より前に居ることが多いです。
(それでも海で泳ぐのは、今でも恐怖でしかありませんが・・)
ですから、バイクでガンガン抜かれ続ける間に、結構速い選手が抜いていくこともあります。

後ろから空気が割ける気配がしたかと思うと、
次の瞬間には、「ゴォ~!」と凄まじい勢いで何かが迫る音を感じます。
で、あっという間に抜き去られて、視界から消えていきます。

そのとき毎度思うのです。
「バイクが速い人は、カッコイイなぁ~」と。
(そんな悠長に感じているから、いつまでも遅いのかもしれませんが・・笑)

単なる無いものねだりではありますが、
トライアスロンを始めるまでは見たこともなかったスポーツバイクが、
颯爽と走り抜けていく姿は、実にカッコイイものでした。

自分で乗っていても、ランニングでは味わえない、風を切り裂いて進んでいくのが爽快です。

 

簡単ではないからこそ、チャレンジしたい

ただ、そう簡単に速くなれるなら、苦労しません。
トライアスロンを始めてから、毎年、「来年こそはバイクを克服!」と言い続けて、早3年。
今のところ、全く速くなっていません。
(マラソンのようにレースや練習会が頻繁にはないので、実力の変化を客観的に見られない、ということもあります。)

でも、なかなか速くなれないからこそ、チャレンジの甲斐があるのです。
色んな手を打ってみて、PDCAをまわして学んでいくことは、バイク以外の様々なことに応用もできます。

今シーズンは、体幹を中心としたファンクショナルトレーニングと、とにかく量。
年末から動画を送ってコーチにアドバイスをもらうことを始めているのと、
先月からは、時間と距離を重視しています。
3月は21時間以上かけて、573km近く乗りました。

4月も基本的に週に150kmは乗り続ける予定です。
できれば200kmくらいいきたいものですが。

6月の五島長崎国際トライアスロンで、どこまで成果が出せるか分かりませんが、
5月中旬くらいまでは、とにかく量を積んでいく予定です。
回復も頑張らないと。

五島のコースを楽しく最後まで乗れたら良いなぁ~。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日は風も強く、外出できなかったので、
今日はしっかりとバイクに乗ってきたいと思います。
今週はあと35kmで150kmですが、できればもう少し走りたいもの。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

もう会社員には戻れないと感じる独立のメリット

やめる勇気:ブログ毎日更新を止めたことで失った物と得た物

関連記事

  1. 「自己ベスト更新」を応援する組織

    一昨日、アジャイル開発の実践者である戸田さんのお話を聞いてきました。私が惹かれたのは、システム開…

  2. 自分の身体との対話 #622

    こんばんは。渋屋です。■今日は仕事後に、ひとりで皇居RUNをしてきました。…

  3. バイクから最後のランへ。残り42.2km【バラモンキング2015…

    6月14日に行われた、五島長崎 国際トライアスロン(スイム:3.8km、バイク:180.2km、ラン…

  4. 福岡トライアスロン、第1回大会参加レポート

    第1回大会だった福岡トライアスロンに参加してきました。私の体験を踏まえて、スイム・バイク・ラン、…

  5. ガチガチの基礎固め #651

    こんばんは。渋屋です。■次回のフルマラソンは3月です私は約3ヶ月間を一区…

  6. ランニングと経営に共通するフレームワーク

    フルマラソンを初めて走ってから2年以上経ちました。7回フルマラソンを完走し、全てのレースで自己ベ…

  7. 自分はどこまで強くなりたいのだろう?【バラモンキング2017悶絶…

    3度目となる五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)。14時間28分の旅が終わった。…

  8. あいまいな目標は効果がない

    最近の私自身のマラソン、トライアスロンの結果を見て、つくづく「目標って大事だな」と感じています。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP