menu

第5回「ITでスモールビジネスを元気にする会」はツールの情報交換

昨日、第5回となる「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました。
テーマは、参加者の皆さんが日頃から使っているツール、または企業に提案して良かったツールです。

 

中小企業に必要なツールは何か?

今度、3月26日(月)にセミナー「ビジネスモデル別セミナー!士業におけるCRM活用のポイント」を行います。
これは第3回「ITでスモールビジネスを元気にする会」の議論から生まれたもの。
中小企業(特にB to B)には、お客様との関係を管理するためのCRMが必要です。

ただ直接、数多くの中小企業にうったえるよりも、
その前に、私たちの身近にいる、中小企業の支援者である士業から伝えていこう、
ということで企画されたセミナーです。
(まだ空き席があるようなので、お申し込み可能です)

昨晩は、CRM以外に、中小企業にとって有益なツールを探すこと、
そして参加者がお互いの仕事内容や得意分野を知ることを目的に、ツールのお話しを行いました。

 

鉄板となるバックオフィス系は、ほぼ見解が一致

まずは業種・業態に関わらず導入しているツールということで、会計まわりからスタート。
スモールビジネスにおいては、現時点では不満もあれど、freeeかMFの二択でしょう、と。
使いやすさと、他のツールとの連携(APIの提供など)において、他の製品群は選びにくいのです。

請求書については、freeeから出せますし、MFだとMFクラウド請求書があります。
Misocaもありますが、弥生に買われてしまいましたね・・

一定規模以上になると必ず存在する人事系システム。
例えば勤怠管理システムですが、ここは会計分野のような「鉄板」がありません。
業種によって、パート・アルバイトが居たり、シフト勤務があったりするので、
「これ!」というツールに収まらないのでしょう。

キングオブタイムとか良く聴くけど、どんなんだろう?・・とか、
SmartHRが出てきて、社会保険労務士の業務は?・・とか
でも実は、思っている以上に多くの会社が「タイムカード+Excel」だよね、という見解で一致。
確かに私の経験でも、社員数70人のIT企業レベルでも、実はExcelでした。
自社の技術力を、勤怠管理にも使えば良いのに・・と。

グループウェアは、サイボウズOffice・G Suite・Office365・Kintone。
クラウドストレージは、OneDrive・Dropbox・Google Drive。
コミュニケーション系は、Slack、Chatwork、Line Works。
Web会議系だと、Skype、Zoom、Googleハングアウト、Appear.in。

その他、ToDo管理など、個人的に使っているものなども情報交換。

 

小売店では・・

小売店だと、スマレジやユビレジを見かけることが増えてきましたね〜と。
その一方で、特に飲食店など、何10年前のレジを未だに使っているところも見かけます。
売上管理などは、出力されるレシート(紙)からしか読み取れない上に、
決算のためには、別途会計ソフトなどに入力する手間があります。

スマレジなどは安い上に、操作も超簡単なのに、導入しないのは知らないから?怖いから?
参加者に小売店に強い人が居なかったので、一般消費者視点での会話となりましたが、
うん10年前のレジを現在のツールに置き換えられたら、皆、幸せになるのにな・・と考えました。
(余談ですが、今なら導入するのに軽減税率補助金も活用できるので、さらに導入のハードルが下がっています)

 

ECサイトの活用を考えてみては?

それからECサイトに関する話を。
一般的には楽天などのモールに出店するか、単独で出店するか。
(両方、出店している会社も多くいます)

今まで、特定の顧客に依存していた会社が、外に出ていくための1つの手段として、
ECサイトの活用が考えられます。
ただ、既に商品・サービスメニューが固まっているものでないと、ECサイトでは売りにくいので、
その辺りの見せ方は工夫が必要になります。

単独で出す場合には、EC-Cube、カラーミーショップ、MakeShopなどが選択肢になります。
EC-Cubeは技術力がないと厳しいので、実質、後者の2つですね〜と。

ちなみに決済は、最近、Stripeが熱いそうです。
私は知らなかったのでググってみたら、こんなページが。
私はこれまで、SPIKEを使っていたのですが、
無償金額が小さくなったり、年々、使いにくくなっているので、Stripeにしようかなと。

従来からのSquare、Paypal、GMOペイメントなども挙がり、最近はAmazonペイメントも増えてきましたね〜という話も。

この「ITでスモールビジネスを元気にする会」、毎度、主催している自分が一番、勉強させてもらってます。
参加して下さる有識者の皆様に感謝です。

色々と会話しつつ、セミナーなどのイベントを行うのであれば、
(やっぱり?)Kintoneを展開したいな、という話になりました。
特に一度は契約して使い始めたものの、イマイチ使いこなせずに困っている方。
企画を詰めつつ、また詳細決まりましたら、本ブログでもご紹介していきます。

 

ツール以上に大切なこと

ちなみに、どんなツールを使うにせよ、
その前さばき(業務の整理)や、導入後の浸透(ツールを使って業務を動かしていく)のが大切です。
その点、なかなかツールベンダーは頑張りきれないところがあります。

どのツールを使うか?以上に大切なことなので、
コンサルタントや、パートナーとなるIT企業が、頑張りたいところだね、
という意見になりました。

 

懇親会でも話は続く・・

この「ITでスモールビジネスを元気にする会」、
面白いのは毎度、懇親会に移っても、ビジネスの話が続くところ。
みんな本当に、ITとかビジネスが好きなんです。

昨日は、本会の立ち上げ時からご協力いただいている岡安さん
マーケティングオートメーション的な話で盛り上がりました。
その話を聴いた経営者が、その場で「今晩、帰ったら契約しますわ」とツールの導入を決定(笑)

参加者の私たち自身がスモールビジネスの事業者ですから、
もちろん、私たち自身も、ITを使って元気になっていくのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は寒いですね〜
外はみぞれから雪に変わりました。
積もる勢いで降っています。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

紙・書類の多い組織は、間違いなく生産性が低い

5年後の私は、公的機関での業務をやっていないでしょう

関連記事

  1. システムを3つに分けて理解する(ITインフラ、ミドルウェア・プラ…

    中小企業の支援をする上で必要な「情報システム」の知識をまとめるシリーズ。 中小企業診断士試…

  2. IT(情報技術)は関係性を把握しないと理解できない

    仮想通貨、ブロックチェーン、ICO・・IoTや人工知能(AI)はある程度理解できる人でも、こ…

  3. 新技術が出まくりですけど、別に使わなくても良いんです

    「ここは人工知能(AI)を使うところですかね〜」「こういうときは、拡張現実(AR)ってのが良いん…

  4. 「クラウド怖い」って、御社のサーバーの方が危ないですよ

    「Dropboxでデータを共有しよう」「Googleカレンダーでスケジュールを共有しよう」…

  5. 「IT脳」を鍛えるには、使って体験することが一番の近道

    IT関係の仕事に就いているかどうかに関わらず、全てのビジネスパーソンに「IT脳」が必要になってき…

  6. 「IoTで何かやれ!」という最悪の指示

    日々、色んなIT企業とお付き合いしていますが、昔から良く聴くのが、「○○で何かやれ!」という最悪…

  7. 便利なコミュニケーションツールを使いこなそう

    昨日の記事でご紹介しました通り、これからは今まで以上に、スモールビジネスにおけるIT活用を応援してい…

  8. 世界におけるマイクロソフトの位置付け

    こんばんは、渋屋です。昨日の記事(マイクロソフトにおけるWindowsの…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP