menu

年齢思考のボトルネック #138

こんばんは、duckです。

普段、生活をしていると、年齢の話になることが、とても多いと感じています。

まだ良く知らない人の話題になると、「あの人は○○歳くらいかな?」となるのは、ほぼ確実のような気がします。(私の周りだけ?)
歳が近かったりすると、共通の話題を作ったりして、プラスの効果も大きいと思います。

一方、自分の年齢を原因にして、「だからもう、新しいことに取り組めない」とか、「勉強してもすぐに忘れる」とか考えてしまうのは、マイナスの影響が大き過ぎると思います。

そう考えるから自分に悪影響が出るわけで、出来ると思っていれば、出来ると思うのです。
人間には、自分自身を説得させる力があるから。

「もう歳だから」とは死ぬまで言わないようにしようと思っています。
周りに言われ続けるようになったら大変ですが・・・

そんな気付きが得られた1日に今日も感謝です!

アンテナ#137

刺激をもらいに #139

関連記事

  1. 仕事の人間関係は、信用から信頼へ

    最近、チームを組んで仕事をしています。チームと言っても、有志が集まっているだけです。&n…

  2. 失ったモノ #331

    おはようございます。duckです。今日・明日の2日間で2012年も終わりですね。街中はすっかりと…

  3. 失恋してみたい?

    こんばんは、渋屋です。今日、会社でほんの少し雑談していたときのこと。もうお子さんが社…

  4. 充実した人生を送るための3つのこと

    今朝、親にメールを送りました。用があったからなのですが、同時に40歳になったので、お礼を伝えまし…

  5. 心に掛かったロックを外そう

    おはようございます。渋屋です。日本縦断ラン(3,000km)を60日かけて行うという荒唐無稽なチ…

  6. 新たな出会い #669

    おはようございます。渋屋です。■新たな出会いを求めて昨日は、今後の活動に…

  7. たった3分で何かが変わる

    こんにちは、渋屋です。昨日の記事(コツコツ続けるための工夫)とも関係するのですが、「毎日3分…

  8. 選ばれること

    先日、仕事でのことです。ある仕事の依頼をされ、部内でのメンバーアサインをしていたところ、「あなたに…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP